スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.09.30 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

貝塚歩の絵を見よう!!!



title:新宿眼科画廊



そういえば、貝塚の作品を見るのも久しぶりだし絵画の作品展示自体見るのは久しぶりかもしれない。


貝塚歩は「あゆげ」とみんなから呼ばれている。

あゆげは高円寺に住んでいて僕が知りうる人達の中で一番ボロい家に住んでいる女の子だ。
彼女の部屋の壁には直接鉛筆で彼女が創った詩が書かれていて、彼女の住む六畳の畳には絵の具がまき散らしており、パレットには無造作にもアクリル絵の具と油絵の具関係なく盛りに盛られて岩の様になっている。

声は大きく、思った事をすぐ言葉にし、ぶっきらぼうなのに細かい事はよく気にする。
仕事の話になると失敗談の数々で、好きな画家の話になると気が合う。
彼女と僕はいろんなところが良く似ている。

だから、僕は彼女と一緒に二人で展示をよくしている。


彼女の絵は全て自分に直接降り掛かってきた事を描いていて、全てが彼女の日記。
その時その瞬間彼女が降り掛かってきた出来事に自分はどう感じたのかどう思ったのか、そんな彼女自身の感情の現場に立ち会う事が彼女の絵を見る事だ。


だから、僕は彼女の絵を見ると手に汗をかいてじっと絵を見る事が出来ない。



「絵を描く」っていう事が感情と向き合う事になった時、絵を描くスピード、点数は格段に落ちてしまう。絵を描く事がめちゃめちゃ作者の人生にとって比重の重いものになっている絵が貝塚歩の絵で、そんな作家は今日生きる画家や絵描きを見渡しても中々いない。
そんな生き方はなかなかできるもんじゃない。


感情は形の無いもの。
だから、彼女は自分の感情に近い手がかりのイメージを追っかける事はしない。
筆を叩き付ける様にキャンバスに描かれたイメージは一瞬何が描かれているか分からないが、その形があゆげの見る人間の心の形なんじゃないかなってのは、彼女の絵を見たときの自分のゾワゾワする感覚で感じる事ができる。


先日彼女が参加した新宿眼科画廊で行われたグループ展を見に行った。
その時の絵は初めて彼女の絵を欲しくなるくらいめちゃめちゃよかった。



今年も彼女と展示する予定だからよろしくね〜


だから、彼女の絵を見て欲しい。
なんだか、4月も展示やるってよ!!みんな見に行こう!!!


貝塚歩のミラクルポップライフ
http://d.hatena.ne.jp/poplifepoppoe/

展示情報はこちらでチェックしてね〜




スポンサーサイト

  • 2015.09.30 Wednesday
  • -
  • 23:18
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

生活
生活 (JUGEMレビュー »)
エレファントカシマシ

recommend

recommend

recommend

太陽
太陽 (JUGEMレビュー »)
中村一義,曽我部恵一,桑野聖ストリングス,沖山優司,KYON,高野寛,仲井戸“CHABO”麗市,加藤ジョー・ストリングス,名越由貴夫,細海魚,伊藤直樹

recommend

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM