スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.09.30 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

うっ〜ん、モーレツッ!釜ヶ崎!!!(2日目)


title:天下茶屋方面から釜ヶ崎へ向かう途中にあるかっこいい駄菓子屋






大阪二日目

 
今日はスケッチをするから彼女とは別行動を取る。

僕はもちろん西成へ!

今日は釜ヶ崎に行く予定やった。

釜ヶ崎は日本最大のドヤ街と呼ばれこの街にうろつく人間は日雇い労働者、ヤクザ、それに近年高齢化が進むこの街で働くヘルパーくらいのもので地元大阪人は絶対に近寄らないと言う。

それもそのはず、近年では市橋容疑者がここで生活していたのも記憶に新しいが、跡のつかない労働者の闇市を利用して睡眠薬の売買を行っている事でも知られている。


これまた、山谷同様山の様な自転車が放置されており、異臭と首輪をしない犬が商店街を練り歩き、『とうとうやって来た。』という実感が湧く。


高層マンションとシャッター街の山谷と比べ、釜ヶ崎は鮮度を保った昔の風景を維持しており、平台のインベーダーゲームが置いてある古〜いっゲーセンが未だ現役で活躍してる事にびっくり。
とにかく、物価が他の地域と比べ格段に安くお好み焼き200円、ご飯50円、ホルモン串60円など食べてはいないが(ちょい怖いよね。。)聞いた事の無い様な値段で売られている。





title:福岡弁を話す佐藤さん


そんな釜ヶ崎で生活する労働者の集まる場所が三角公園である。
その公園付近はもう隣接している商店街との空気が一変し、とても近寄れる様な場所ではなく公園内は顔が黒くなった労働者で溢れ帰っていた。


僕は公園を一周し公園淵の花壇に腰を下ろす。
ちょうど僕の隣に座っていた優しそうな労働者と話をする。

名前は佐藤さん。
佐藤さんは福岡出身で東京の山谷にもいたが釜ヶ崎の方が落ち着くらしく、ここで生活している。
佐藤さんは喋るんが大好きなんだけど、首に巻いたタオルを口に当てながら喋るから全然なに言ってるか聞こえない。

サク『ちょっと、タオル取らんと聞こえんねかよ!』
佐藤『おらもう一ヶ月風呂も歯も磨いてないから臭いやろ??』
サク『俺も2,3日くらいやったら平気やからいっちゃよ!』

佐藤さんのこのおかしな気配りが嬉しくて、それまで気が高ぶっていた僕も気が緩みここで大阪初スケッチ!!!


title:佐藤さんの字と僕の絵の合作


水木しげるの漫画に出てきそうなメガネをかけた佐藤さん。
実は本も読めないし、字も書けないという。

よし、じゃあ合作しよう!
との事で佐藤さんに字を教えながらサインしてもらう。

途中『佐藤ユキハル』のカタカナの『キ』が出てこなかったらしく、『ユハルでいいっちゃね!』とか言いつつ結局思い出し変なバランスの字に。


大阪に来て初めてたくさん会話したのが佐藤さんやった。

その後、僕は多くの大阪人と出逢うのだが緊張をほぐしてくれた佐藤さんに感謝したい。


PS 別れ際の佐藤さん『佐藤って名前もいいなぁ〜』
      



佐藤じゃないんかいっ!!!!!!おそらく偽名だろう。。



まだまだつづく!!!!!

スポンサーサイト

  • 2015.09.30 Wednesday
  • -
  • 01:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

生活
生活 (JUGEMレビュー »)
エレファントカシマシ

recommend

recommend

recommend

太陽
太陽 (JUGEMレビュー »)
中村一義,曽我部恵一,桑野聖ストリングス,沖山優司,KYON,高野寛,仲井戸“CHABO”麗市,加藤ジョー・ストリングス,名越由貴夫,細海魚,伊藤直樹

recommend

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM