スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.09.30 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

正月の富山。そして作村家の今年の目標!!!!

僕は富山出身だ。
どんなに忙しくなっても、地震や津波、戦争が起きようと必ず正月は実家に帰るつもりだ。

1月1日に祖父作村五郎を中心とするその一家が全ておじいちゃんの五郎家に集まるからだ。
映画サマーウォーズとまでは言わないが作村家が集まれば結構な人数にもなる。

だから、じいちゃんのうちには部屋いっぱいのおせちが並ぶ。
じいちゃんはこの正月をとても大切にしている。
僕も大事にしたい。
今はなかなか会えなくなった、ガキのとき一番の親友だった従兄弟達の顔を見るだけでも
東京色に染まりきった僕をホッとさせてくれる。

ふるさとはそんな場所でとてものんびりしすぎてスケッチどこではなかったけど、富山での描き初めのスケッチを何点か。


8号線を走って



景色が走る




魚津の街




浜黒崎の田んぼをバックに寝る乗客




金沢にいた猫






家の裏のうちっぱなしにて(弟)




ゴルフが大好きなする父。使う場所は39(サク)番と決まってるらしいw




作村家は永遠に小学生のままだ。
遊び疲れた。







PS  カラスVS作村家




富山の人でも知らない人も多いと思うけど、夜の21時を過ぎると富山駅前のボーリング場の向かえの木、そして電線、から郵便局にかけて尋常じゃない程のカラスがねぐらとして整列して止まっている。
その光景は圧巻というべきか見ると気持ち悪くて寒気がする。

だがしかし、僕たちバカ親子はあろう事かその大量のカラス達にイタズラしてやろうとその大量のカラスめがけてカメラのフラッシュをバシャバシャ!!

その瞬間何百羽のカラス達が一斉に飛び出してきて、その羽音はまるで20階立てビルが崩れ落ちるんでねえか?ちゅうくらいの轟音だった!
恥ずかしい事にビビリすぎた僕は生まれて初めて腰が抜けてしまった。

腰が抜けると本当に立てなくなるんだね。。

後ろを見ると父も腰が抜けて雪の上の地面に倒れ込んでいた!!!!!

ちなみに、別の日同じ場所で大量のカラスの存在を全く知らなかった母はちょうどおでこにフンを落とされていた。

作村家の今年の目標は総出でカラスを倒すことだ!!!

スポンサーサイト

  • 2015.09.30 Wednesday
  • -
  • 01:47
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

生活
生活 (JUGEMレビュー »)
エレファントカシマシ

recommend

recommend

recommend

太陽
太陽 (JUGEMレビュー »)
中村一義,曽我部恵一,桑野聖ストリングス,沖山優司,KYON,高野寛,仲井戸“CHABO”麗市,加藤ジョー・ストリングス,名越由貴夫,細海魚,伊藤直樹

recommend

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM