スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.09.30 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

【その3】第一部 作村裕介木版画展「生活」トークショー




 齋藤:今回「生活」っていう展覧会タイトルが付いているわけだけど、前個展をやったときはまだピザの宅配のバイトやっていたときだったよね。あれから今左官屋やっているわけじゃない。それと制作との結びつきっていうのが展覧会タイトルにすごい現れていると思うんだけど。


作村:周りからも齋藤さんとかもそう言ってくれるんだけど、実際のところ自分の見てきたものとか描きたいものとかが変わっていないというか。身体的に受け止めれるものとか普段の生活で変わってきたんだろうけど、絵の表現したいものとかは変わってないというか。スケッチを初めたときから自分の中では。だから絵の中の生活を今送っているみたいなところはありますけど。絵でそれがどうかって言われたら大して変わってるところはないかな。


平間:でも仕事が変わって作品を作れる時間配分みたいなところは?少なくなったとか。


作村:あー、明らかに少なくなったっていうのはある。


齋藤:だって朝の3時に起きて夜の9時に帰ってくるとかさ、すごいよそれ。


作村:あ、ひどいときはそうで。たまに群馬県の八ッ場ダムとか三時間半かけて帰ってきたりとかあります。でも大変だけど。


平間:絵に対する態度は変わらない?


作村:うん。絵は描きたいなっていうのはある。なんか会社の人にも「お前絵をそろそろやめろよ」って。


会場:えー(笑)。


平間:えーって言えばいいのに(笑)。


齋藤:会社の人には僕は絵を描いてますっていうのは言ってるの。


作村:僕はどこでもそういうのはオープンにしていて。人それぞれだと思うんですけど、絵を描いている人とか自分の生活とか普段の生活を見せない人とかいますけど、俺は見せた方がいいと思います。自分の普段やっていることとか昔は言っていなくて、アルバイトをしているときとか。俺は絵を描いとってとかそういうのは言ってなかったら、だんだん自分で壁を作っているようなところが出てきて。だから俺は絵を描いとって普段こういうのをしてるんだみたいなのを言って仕事をしたい。そうだ、思い出した。プロフィールだ。


平間:プロフィールと聞いて思ったけど、今作村は絵を描いているとか、描いていることを人に言うとか言わないという話をしてたけど、それは「俺は版画を彫っている」とは言い直さないんだね。絵を描いていることの延長で版画をやっているんでしょ。だから「絵」なんだよね。


作村:俺の中でこれは「絵」だから。絵だもん。


齋藤:版画家にスイッチしたというのは無いの?


作村:全然無い。


平間:版画家に変わったんじゃなくて絵を描いている。絵の素材のひとつみたいな。


作村:だってあれだよ。棟方志功は「版画」じゃなくて「板画(いたえ)」って言っとんが。「版画って言うな。板画だ!」って。


会場:板画(ばんが)じゃない?


作村:あ、ばんが?(笑)。


会場:(笑)。


平間:読み方の問題だから、落ち込まなくても大丈夫大丈夫(笑)。


作村:板画(ばんが)ですね。だからなんだっていう話ですけど。だから俺は棟方志功と同じ気持ちなんですよ。そういう絵に対する気持ちは。


平間:漢字こそ読めないけど(笑)想いは一緒。


作村:単に木版画がいっぱい刷れるからラッキーとかいっぱい持ってもらえるとか、そういう気持ちは全く無くて。絵としてのもの。


齋藤:会場をぐるっと見てみて、《コンクリート圧送工》(※6)は左官屋の人じゃん。これひとつだけそうだよね。これはどういういきさつで生まれたの?スケッチできたの?






《コンクリート圧送工》(※6)

作村裕介 《コンクリート圧送工》2013 木版画、紙






作村:これはスケッチじゃなくて。さすがに仕事中にスケッチしとったら(笑)。


齋藤:仕事中にスケッチしたとしたらどう言われる?


作村:多分殺される。


齋藤:殺される(笑)。


平間:コンクリートの素材になる(笑)。


作村:そうそう。《コンクリート圧送工》はそのときの印象を元に描いている。僕は左官屋でもコンクリートとかモルタルの仕事ばっかりで。これはコンクリートの圧送工という仕事の人なんだけど。この恐竜みたいな感じのホースを持って。


齋藤:すごい太さだよね。


作村:コンクリートは鉄筋に向かってこうやって抑えこんでダァーーって流し込むんだけど。もう体中がコンクリートまみれになる。


齋藤:しぶきが来るんだ。


作村:そうそう。この時に先輩に説教させられて。


平間:させられたの?されたんだよね(笑)。


会場:(笑)。


作村:そういうところなんだよ。そういうところを指摘されて。職人の世界って僕初めてで。先輩との上下関係が非常に激しくて。先輩との上下関係を今まで重く見てこなかった、その僕がいきなりその世界に入った。それをすごい指摘されて。


齋藤:なっとらんと。


作村:そう。材料が無くなったら何も言わなくても下っ端が練りに行かなきゃいけないんだけど。材料が無くなって平気で俺は塗っとって先輩が練りに行くみたいな。そういう気遣いが足りないと。「お前この世界向いてないから辞めろ」って言われた。そのときの説教中に「あそこ(コンクリート圧送工を指差して)見てみろ」って。「その日暮らしで年金とか健康保険とか払ってないけど、体一つで働いとるという感じするやろ」って。「お前なんかこの世界で生きていくような人間じゃない」。


会場:すごい話。


齋藤:三人で二回くらい呑んだんだけど、そういう話ばっかで。


平間:壮絶だよね。お酒とか呑めないよね。


齋藤:呑みながら話してたけど(笑)。


作村:「君はこの世界におる人間じゃなくて普通の社会一般で生活している人間なんだからもったいない。こんなところにおっちゃだめだ。」と。


齋藤:もったいないという言い方なんだ。


作村:そういうことを言われて、そのときに版画としてこれを絵にせんといけんなと思って描いたのがこれです。


平間:すごいね。


齋藤:これは完全に想像を元に下絵を描いて彫ったわけだ。


作村:そう。


齋藤:そのときの印象を。確かに他の絵と見比べてこれ全然違うんだよね。他は元の写真なりがあって下絵を描いたのかなとか、そういうのがなんとなくわかるんだけど。これはすごいホースも人間もうねっている。


作村:そうそう。本当にイメージが無い状態で描いたから。


齋藤:特別な作品って感じがする。


作村:現場で作品が出てくるとしたら、多分こういう作品でしか生み出せんと思う。


齋藤:これはやっぱり左官屋の仕事を始めたから出来た絵だと思うよ。仕事の変化は「生活」のタイトルとはさっきそんなに関係ないとは思うと言ってて、確かに作村の絵描きとしてのスタンスみたいのは変わらないんだろうと思うけど、やっぱりどうしてもにじみ出てきちゃった作品っていう感じがするな。


作村:それはそうかもしれない。


平間:この作品は先輩が作った作品なのかもね。


作村:(笑)。


齋藤:お、アツいね。


平間:みたいなね(笑)。


作村:その説教がなかったらこの作品も生まれてなかったからね。


平間:これあげた方がいいんじゃない、社長に。


会場:(笑)。



【その4につづく







スポンサーサイト

  • 2015.09.30 Wednesday
  • -
  • 18:21
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

生活
生活 (JUGEMレビュー »)
エレファントカシマシ

recommend

recommend

recommend

太陽
太陽 (JUGEMレビュー »)
中村一義,曽我部恵一,桑野聖ストリングス,沖山優司,KYON,高野寛,仲井戸“CHABO”麗市,加藤ジョー・ストリングス,名越由貴夫,細海魚,伊藤直樹

recommend

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM